Untitled

■exワーカホリック

ちょっと前まで、IT土方(っぽい雑用係みたいな奴隷)やってた。

勤めてた会社は要するに、とんでもねーブラックだった。

鬱になって辞めた。

半年無職だった。


根深い企業不信に陥って、いまは派遣で働いてる。


ぶっちゃけ今の職場、周りは頭のユルそーなねーちゃんばっかりなんだが、

彼女たちは毎日よく笑って、休みの日を楽しみにしていて、

なんていうか人生をエンジョイしてる感じがする。


彼女達は将来のこと(キャリアパスとかファイナンシャルプランとか)なんて

なんにも考えてなくて、しかも大したスキルもなくて、

実家が資産家なわけでもないんだけど、どこかに行ったり、

欲しい物を買ったり、美味しいご飯を食べたりするのを楽しんで、

友達とたくさん話をして、とてもいい笑顔を見せてくれる。


これはなんだ?

自分が見てきた世界と全然違うじゃないか。

仕事のことがぜんぜん分からなくても自分を責めてない。

「だって社員さんからの説明がないからしょーがないじゃん」

「その時によって違うんだから毎回聞かなきゃわかんないじゃん」


え?


え?同じ事を2回聞いたら殺されるんじゃなかったの?

自分で調べてどうにかしない人間には生存価値がないんじゃなかったの?

知らないこと、分からないことは罪じゃなかったの?

自分の仕事だけ終えて帰るのは非国民じゃなかったの?


めちゃくちゃショックだった。

価値観や考え方が違うってのは、こういうもんなのかと衝撃だった。


いま、自分のキャリアやスキルはどんどん価値が失われてるんだろう。

だけど何か違う世界を見た気がしている。

洗脳が解けたんだろうか。

やっと欝は治ったんだろうか。


いま連休を前に、

「どーせ休んでも何もすることねーしアノ仕事進めといた方がよくね?」

じゃなくて、

「やったあ!連休だよ!何しよう!?みんなは何するの!?」

って気分にやっとなれた。


ああ、自分は死ななくてもよかったんだなあ。

みんなにも楽しい事がありますように。

彼女 - はてな匿名ダイアリー (via mcsgsym, reservoir)

2009-03-31

(via quote-over100notes-jp) (via hikutuo) (via pocomoco) (via darylfranz) (via highlandvalley) (via ingurimonguri) (via itigoppo) (via jyamil) (via 908908) (via precall) (via gen-destino) (via pgtwitter) (via wakuteka) (via hazime1373) (via biggarden) (via meltumb) (via precall) (via fumi-tano) (via orekuma) (via plasticdreams) (via nakko) (via plasticdreams) (via yaruo)

紀元前44年3月15日、独裁官ガイウス・ユリウス・カエサルは自らの古い友人であり、腹心でもあった元法務官・元老院議員マルクス・ユニウス・ブルトゥスや部下でブルトゥスの従兄弟デキムス・ユニウス・ブルトゥス・アルビヌス、かつての敵だったガイウス・カッシウス・ロンギヌスら閥族派によって暗殺された。カエサルは暗殺の際にブルトゥスの姿を認めるとひどく落胆し、トーガで自身の体を覆う仕草を見せて”Et tu, Brute?”と呟いたという。

よく誤解されることだが、カエサルがブルトゥスを揶揄する言葉を呟いたという伝承自体はシェイクスピアの史劇以前から存在するものであり、一から完全に創作した場面ではない。最も古い伝承では帝政ローマ初期の歴史家スエトニウスの『皇帝伝』(LXXXII)があり、古代ギリシャ語で「息子よ、お前もか?」(καὶ σὺ τέκνον, カイ・スュ・テクノン)と書かれている[2]。カエサルは古代ギリシャ語を流暢に話したと伝えられることから、こうした言葉を残したとしてもさほどの不自然さはない[3]。

一方、”Et tu, Brute?”という言い回しで定着させたのは間違いなくシェイクスピアである。『ジュリアス・シーザー』では「ブルトゥス、お前もか?もはやカエサルもここまでか!」(Et tu, Brute? Then fall, Caesar!)と続く形になっている。ちなみに、シェイクスピアは同作以外にも似た場面と台詞を使用している[4] 。

古くからこの言葉が本当に史実かどうかについて、歴史学者たちの間で既にローマ時代から議論が行われている。プルタルコスは「カエサルはマルクス・ユニウス・ブルトゥスの姿を見ると、トーガで身を覆う仕草を見せた」と伝えており、動揺を示しつつも言葉でなく仕草で現したと主張している[5]。スエトニウスに至っては「カエサルは言葉を残す暇もなく、刺されて死んだ」と伝えている。

仮に”Et tu, Brute?”、正確にはその源となった”καὶ σὺ τέκνον”が史実であるとした場合、「息子」という言葉をどのように解釈するかが議論となる。カエサルは後に大甥で養子のアウグストゥスに謀殺されたカエサリオンを除いて息子はなく、他に子供はポンペイウスの妻であったユリアの一女のみである。したがってこれは、当時からカエサル落胤説が囁かれるほどに寵愛されていたブルトゥスに対する言葉と考えられている[6][7][8]。

もう一つの説としては、古代ギリシャの格言を引用したのではないかとする論がある[6]。『ジュリアス・シーザー』の台詞も”Et tu, Brute?”だけが広がり”Then fall, Caesar!”が余り広がっていないのと同じように、”καὶ σὺ τέκνον”も部分を抜き出しただけなのではないかとする論者もいる。この論に立つ場合、カエサルの言葉は「息子よ、お前も私と同じ末路を辿るだろう」(ブルトゥスが元老院で失脚することへの予測)であったと主張される[6]。他に「次はお前の番だ」(Your turn next)とする説[8]、「先に向こうで待つぞ、若造!」(To hell with you too, lad!)とする説[8]など多様であるが、無言で死んだとするスエトニウスも自らが聞いた説として”tu quoque, fili mi”(息子よ、お前までが)を書き残している[9]。

 つまり、ビル・ゲイツは「人類の歴史始まって以来初めて、土地・金・石油などの天然資源ではなく、知的プロセスをコントロールすることより世界一の金持ちになった」という点で特異な存在だというのだ。

 確かに考えてみると、ビル・ゲイツの一番の功績はWindowsやOfficeを作ったことなんかではなく、それまではハードウェアのおまけ同然に配布されていたソフトウェアがビジネスになるということを身を持って証明したこと。それゆえに「帝国」とまで呼ばれるまでにマイクロソフトを大きくすることが出来たし、世界一の金持ちにもなれたのだ。

 しかし、そのビル・ゲイツの引退する2008年の状況を見ると、オープンソースの波は主流になりつつあるし、Googleは明らかに「パケージ・ソフトウェアの販売ビジネス」を破壊に来ている。純粋なソフトウェア・ビジネスの将来は必ずしも明るくない。

 90年代中頃のネットスケープの誕生から始まった「パッケージ・ソフトウェア・ビジネスの終焉」。それがとうとう最終章に入ろうという段階でのビル・ゲイツの引退はなんとも象徴的だ。

671 :名無しさん@13周年:2012/09/19(水) 13:56:37.31 ID:tmMfSg/aP
ここで「反日企業」と批判している人もズレている。
この問題は、単に中国・日本の争いのレベルを超えた問題だよ。
「反日かどうか」は日本人にしか関係がない。

だが、今回は「特定の民族を皆殺し」だからな。
反日という日本人だけの問題ではない。
人種差別・ホロコースト的な問題であり、人類社会全体に対する悪だ。
その認識を批判する側も持つべき。

当事者たるアウディに到っては当然、その認識で厳しく対処すべき。
日本アウディもアウディ本社もその認識が0だから批判されている。
あんな認識では、アウディ=ナチスのコラも当然であり、
正当性のある批判であり、仕方ないよ。
wayayaya:

永代橋 (via ak47*)
wayayaya:

永代橋 (via ak47*)
「自分はプリキュアなのにどうしてヒゲが生えてくるんだろう」というツイートに対して「プリキュアじゃないからです」というリプがきました。夢を壊すような人はスパム報告します。
Twitter / x63i9 (via himmelkei)

二十年後の自分

私は、今スーパーで、レジをしている。いろいろなお客さんがくる。私の、しっている、お客さんもきたことがある。私が、お客さんに話しかけると、あんた今、レジしてるんだーという。
私は、そうなの私は、小学校の時から、レジがしたかったのといった。
これはなかなかおもしろいわよ。
お客さんが、いろいろな物をかうの。だから、なにを作るのかなーと思うの。
私も今日のご飯なににしようかなーとレジをしながら、考えている。
毎日、いそがしいけど、がんばろう。

wayayaya:

Hello Kisses :: Image Bookmarking :: cute girl
wayayaya:

お尻画像下さいったらください! PINK速報